2019年05月12日

顔1(うれしいカオ)きらきら体重が減少しました!

昨年、春日の里の職員20名が被験者として参加した『インソールの使用よる変化』についての研究結果がまとまったようなので、紹介させていただき間ます。
img020-bafe4.jpg
この研究は、群馬県水上市にあるBMZ(http://bmz.jp)という、靴のインソールを製造販売している会社の商品“アシトレ”を履き、3ヶ月間仕事をする。その間のカラダのデータ変化を調べる。というものでした。
img021.jpg
結果としては、ほとんどの方が体重減少と骨格筋量が増加する。というデータを得ることができたようです。
img022.jpg
img023.jpg
“アシトレ”を使用することによって、文字通り足をトレーニングできる。
すると筋力が増え、同時に代謝が上がる。
基礎代謝が上がるということは、エネルギーを使うカラダになるわけで、体重が落ちる。という仕組みのようです。
img024.jpg
職業柄、“歩く”は重要なことです。
職員のほとんどが、今まで靴ばかりに注意していましたが、インソール(中敷き)だけで、こんなにも違いを実感できるのか!と驚いていました。
何より、高崎健康福祉大学の中村先生が計測の度にインボディーを施設まで持ってきてくださり、被験者以外の職員や利用者様、ご家族様にまで、無料で計測をさせていただきました。お陰で、職員の健康意識にも変化が見られていました。
利用者様の健康的な生活を支えるために、職員自身の健康も意識できるよう、努めてまいります。
posted by 管理人 at 14:28| Comment(0) | 特養ユニット型